ajidokoroikura0303jpのブログ

自分的心の在り方

Yuuminn


今日も山口県下関市は、あまり天気はよくない。

今日は、早番で、午前五時から午後二時十五分までの勤務。

今日は、結構ミスが多かった。

自分が苦手とする混ぜご飯が、メインだった。

患者食で、混ぜご飯は、苦手だ。

今日はオムライスだった。

いちをモバイルではあるが、

ご飯を炊くのは、同じだが、

計算して、チキンライスの素の粉を二つの釜に入れ、炊く。

軟飯もそうだ。計算して粉入れ炊く。

後、粥は、ミキサー粥は、白粥だったか、

普通粥、大刻み粥、刻み粥は、粥に計算した粉を混ぜて、炊く。

後は、炊き上がったご飯、軟飯、ミキサー粥以外は、

混ぜる温めていた具材のモバイルの鳥と刻み玉ねぎの物の味付けた物と混ぜるが、

普通、大刻み、刻み等の人数があるので、

分けて、普通オムライス、大刻みオムライス、刻みオムライスにこ分ける。

でも、モバイルの味は薄いので、

ケチャップ、砂糖入れ、味を濃いめする。

そうしないと、上に乗せるスクランブルエッグのモバイルに、味が負けてぼやけるからだ。

なかなかどじったが、時間が、かかったが、

どうにか、できる若い同僚の人にたすてもらい、チーフの栄養士にも、

粥をしてくれたおかげで、できた。

情けないが、感謝する。

Jibunntekijibunn


自分的自分の本文。

自分を自分が自分に生かす、

自分の流れで、自分でそれを自分で起こす自分の新たな流れを。

そこに、自分と言う新たな流れが流れる。

そこが自分ではいいと思う。

自分での挑戦でもある、未知の予期せぬ流れである、

自分という一つの流れが自分にとってある。

自分と存在をである。

常に自分は挑戦をモチーフに心がけ自分にかけている。

そこが自分では心がけて決めている。

不安でもあるが、自分はそれでいい、自分だからだ。

Yuu




何日か前に行った場所の超有名店の食べ物屋。

おおはま食堂で、芸能人、俳優、プロ野球の選手等の御愛用の店だ。

山口県角島大橋を渡り、キャンプ場🏕⛺️付近か、海も見える場所にある。

とにかく量が多い。

地物のウニ、活特イカ🦑、海鮮丼だ。

食べた人間しかわからない。

腹が太るもんじゃない、ここで食べると他には到底いけないのだ。

今のこの梅雨時期が最高にうまい。

生うにも甘く、イカ🦑も美味しい。

昔から、紫蘇、梅、ラッキョウ等の時期は、

うに、イカ🦑、アジ等が、抜群にうまい。

アジも萩産の背付きアジは、抜群にうまい。

だから、アジは紫蘇、梅、ラッキョウ等に合うのだ。

そういう理由があるので、意味があるのだ。

なんでも時期や旬を知らないと、美味しいものが食べられない。

よく研究しないと?